2010年04月22日

保護犬キャバリアのクッカのこと

私がちょうどこの二個前の記事通り、実家のチェリーの悪性リンパ腫の件で
大ショックを受けていた頃、ドッグレスキューの代表さんが埼玉のセンターを
訪れておりました。
自分の仕事多忙そして諸々ありまして、代表さんには事情を説明して、
三月末に一時的に活動を休止したいという申し出をしました。
だから会のホームページ、代表さんのブログすら一週間に一度見るか
見ないか、メールを開くと80通くらい受信があるようなネットとも離れた
生活を送っておりました。

そんな中でたまたまその日に代表さんのブログを久々に訪れ、そして本当に
偶然、名も無きキャバリアに出会いました。

その時の記事がこの記事です。

ただ、チェリーのことも解決せず、ほかにちょっと今、家庭内でも諸々ある今、
すぐにこの子の預かりに手を上げるのは無謀かつどうなのかと葛藤しました。
でもチェリーの犬生とその子の犬生、本当に色々考えたのですがどうしても
自分で代表さんにすぐに「わたしが預かりします」とは言えない私がいました。

そしてその悩みと気持ちを同じボラ仲間のぷうママさんに相談しました。
本当に自分の気持ちを吐露しただけなのに、ぷうママさんが、私にこう返事を
くれました。

「ishiminさんが預かりが大丈夫になるまでうちで預かるよ。一緒に行動しよう」と。

その時にぷうママさんにはイオス君という預かりっこがいて、まさにイオス君の
幸せ探し真っ只中の時に私のメールに対してその子を私が預かれるまで預かってくださるというのです。
本当にそのぷうママさんの返信に私は感謝以外の感情が見つかりませんでした。

そして活動を休止している身でなんともバツが悪いのですが、代表さんに
メールをして、その件を告げると代表さんは快くキャバリアの引き出しの手続きをしてくださいました。
むしろお礼の言葉までいただいてしまって・・・汗。
いえいえ本当にこちらこそ・・って申し訳ない気分になりました。

そして名も無きキャバリアは、たくさんの皆さんのお力で埼玉のセンターから
無事月曜日に出てまいりまして、今は代表さん宅で静養しております。

さらに代表さんはあくまでも仮名ですが、わたしに命名権までくださって私は
ずっと自分で暖めていた「クッカ」という名前を彼女につけさせていただきました。
フィンランド語で「花」という意味なんですが、かわいい名前だなーと
思っていて、誰かにつけたいと思っていた名前だったのです。
むしろ自分の愛犬につけたかったくらいの・・・笑。

ちなみにぷうママさんは頼りになる預かりさんなので、岩手からの元気っこの
お預かりをお願いするとのことらしく、代表さんはクッカを私の用意整うまではご自宅にステイさせてくださるとのことでした。
一応、GW明けた頃にはクッカをお迎えにいきたいなと思っております。
我が家はただの仮家ですから、クッカにはクッカと一緒に笑い、悲しみ、楽しみ暮らしてくださる本当のご家族を探していきたいなと思っています。

まー正直高齢気味ですし、幸せ探しも長期戦かもしれないなと思うのですが、
デーンと構えて幸せの足音を待ちたいと思ってます。

しばらくの間はクッカの様子は代表さんのブログで覗いてあげてください。
http://blog.livedoor.jp/banibanijr/

もちろんクッカだけではないですよ、仲間達みんなが本当の家族との出会いを
待っておりますのでよろしくお願いします。

自分がどんなに望んで助けたいと思っても、駄目な時は駄目なのです。
私は個人で率先的に活動できる力も勇気もまだ持ち合わせていません。
そして属している団体の中での活動でも預かりの個人的な感情で自分が強く
助けたい犬を助けてくれということはいけないということも承知です。

だからこそ、代表さん、ぷうママさん、そして色々な皆様がつないでくださった
クッカのこれからの命は幸せにならないといけないと私は思います。

私はそのクッカの幸せのお手伝いが出来ること、心から嬉しく思います。
キャバ飼いとして栄誉なことです、本当に。

あとですね、あたくしの家庭の諸々は「離婚」ではないのですよ、奥様。
もっと後になったらブログにも書いちゃうけど、ちょっと今は書きたくないです、気分滅入るから、苦笑。
でもあんまり心配しないでください、いつか笑って話しますから。

そういうわけでクッカはまだCOMING SOONということで、笑。







ニックネーム ishimin at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする