2010年09月15日

シーズー飼いの奥さんとの交流

今日、小雨の中、そうちゃんとミューを連れてお散歩に行ったら
ちょうどいつもミューとご挨拶するシーズー飼いの奥さんと遭遇しました。
イライラ魔人のミューさんは大きい犬ダメ、黒い犬ダメ、和犬ダメ、
ガツガツくる犬ダメ、フガフガいう犬ダメ、小さくて吠える犬ダメ・・と
対犬恐怖症ですか?!ってくらい散歩交流嫌いなので誰とも普段ほぼ挨拶を
しないのですが、そのシーズー君とだけはお互い前足を踏み鳴らすくらい
喜んで挨拶をします。

あ、ちなみに同じシーズーなのにそうちゃんとは目もあわせませーん、寒たらーっ(汗)

私がミューと見知らぬシーズーを連れて二頭引きしてるもんですから
奥さんがちょービックリして近寄ってきて「え?え?」って顔をされました。
わたし、あんまり詮索されるのが好きではないし、聞かれなければ、
自分からは預かり犬のこと、経緯などは言いません。
だから、クッカ連れてる時は普通に「こんにちはー」みたいな態度で
接していたもんで、、、顔(ペロッ)

「あ、これ(そーま君)はボランティアで預かってるシーズーです」と
軽く経緯を説明しましたところ、そうちゃんを見て、何度も
「こんなに可愛いのに、なんで、なんで」とおっしゃっていました。
奥さんが連れているシーズー君は9歳、いつもきれいにトリミングされていて
とても大切にされているのを感じます。
こうやって大切にしてらっしゃる奥さんからすれば、信じられない出来事と
いうことなんだと思いました。そんな子結構多いんですよって話したら、
それでも、信じられない、なんで最後まで暮らさないのかしらと何度も
おっしゃってました。みんながそうであれば保護犬の数は激減するんですけど。

そうちゃんによいご縁があるようにという話と一緒に奥さんから、
「シーズー可愛いでしょう。本当にいい子ばっかりなのよ、たまに噛んだり
そういう子もいるみたいだけど、ほとんどの子はみんな優しいの!!」と
強いシーズー愛を色々語られてしまいました。

うーん、わたしのキャバリア愛も語りたいところでしたが(笑)、長く
なりそうなのでまた明日〜とお別れしました。

今日は雨で写真がなかったので日向ぼっこのそうちゃんの写真を。
201009121.jpg

そうちゃん、窓を開けて日が差すと、すぐに写真の位置に移動して
光合成活動・・いえいえ日向ぼっこします。

そーま君にもシーズー愛にあふれた里親様が見つかりますように★



ニックネーム ishimin at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | そーま君@里親募集中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする