2011年03月12日

地震ですが我が家は無事です。

久々のブログ更新ですが、我が家は無事です。
皆さんからメールを頂いたりしております、ご心配頂きすみません。
あんな大きな揺れ、生まれて初めてでした。

私はちょうど会社で仕事をしていたんですが、地震発生時はトイレの
個室にちょうど入ろうとしたところでした。
目の前が大きく歪んで、もうトイレどころじゃなく、トイレから
出て、廊下でしゃがみ込みました。揺れが随分続いたような気がします。
その後、また大きな余震がしばらく続いていました。
一人で留守番をしているミューが心配で心配で心臓の高鳴りが
止まりませんでした。
その直後から電話もつながりにくい状態に入り、誰の安否も確認出来ない
ような状態で、不安の中、茅場町のオフィスから、両国の実家まで30分かけて
帰宅しました。
電車はすべて止まり復旧の見込みがなく、道路は裏道まで大渋滞になり、
空車のタクシーもあるわけなく、バス停には来ないバスを待つ長蛇の列が
出来て、歩道には歩いて帰宅する大勢の人の波が出来てました。
なんか、その光景を見たら気分が悪くなって、余震の続く中、ものすごい
暗い気持ちになりました。

さらに父に頼んでミューを迎えに行くために車を出そうとすると、我が家の
タワーパーキングが地震で故障し、車が出せないことが発覚し、涙が
出そうになりました。
父が知人に頼んでくれて車をなんとか借りて、大渋滞する道を走り、普段は
高速を使えば20分もかからない道のりを3時間かけて千葉に帰りました。
ミューは居間の扉が地震で閉まってしまい、居間から出られなくなって
しまってましたが、無事で怪我もなく怯えていましたが、大丈夫でした。
そんなミューを抱き、数日の洋服を急いで詰めて、車に乗り込んで、
また2時間かけて両国の実家に戻りました。
本当は船橋で働く従兄弟のところまで迎えに行きたかったのですが、
電話もつながらず、道も大渋滞でまったく動けず、断念することになりました。
従兄弟は、無事避難所のようなところで夜を過ごしたようですが、不安で
泣いていたそうです。

夜中もずっと余震が続き、時に強い地震も起きています。

まだ連絡の取れない茨城にいる親戚もいますし、宮城や岩手はほとんど
連絡が取れないようです。

早く地震が収まってくれることを願って止みません。
皆さんの無事をお祈りします。

ニックネーム ishimin at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする