2009年01月28日

処分される犬猫を少なくしたい・・

最近、預かりっこもなく、ぼよよーんと日常を垂れ流している
わたくしのブログです。

ちょっとですね、そろそろ仕事しなくてはモードに入ってて、
不況下に色々奮闘中なのと、そして千葉のセンターから預かった
ベティを実家に送り込んだり、もろもろでかなり精神的に疲れて
しまっていて、現在は、保護活動の動きがとれなくなっています、寒。
とにかく、わたしはけっこーメンタルが弱い、そして根は
ネガティブなので今は駄目駄目シーズンに入っておりますバッド(下向き矢印)
しばらくすると復活すると思うので、それまではどうか見守って
くださいませー顔(なに〜)

そんな中、先月お知らせしたAERAの「犬ビジネスの闇」が反響を呼び、
次の企画を考えているとのことで、ペットショップやブリーダーに
ついての皆さんのご意見、情報を募集しているそうです。

↓詳細は下記を読んでください↓
http://www.aera-net.jp/join/talk/090126_000630.html

大きくマスコミに取り上げられることによって、良い意味で
変わることもあると思います。

そして千葉に住んでいるので、毎週一度は開いてしまう、
千葉県の動物愛護センターの収容情報・・たらーっ(汗)

今は収容されていませんが、毎月何頭もの猟犬と思われる
セッターやポインターが収容されてます。
千葉でも海、山側に行くと狩猟が盛んなんですかね?

私が子供の頃の話ですが、実家の近所に実家と同業の老夫婦が
住んでいて、家の玄関先にセッターが繋がれてました。
たしかとても大人しくて良い子だったと記憶してるのですが、
ある時、姿が見えなくなってました。
私がおばさんに犬の行方を尋ねると、とんでもない答えが。
「足が悪くておじさん、猟に行かなくなったから、処分して
もらったんだよー顔(イヒヒ)」と笑顔で言われました。

子供心にガビーンがく〜(落胆した顔)でしたし、いまだに忘れられません。

私はそれ以来、その家の人間が大嫌いになりましたし、いまだに
家の前を通ると怒りがこみ上げてきます。
もう亡くなってると思いますが、うちのばあさんにそのおばさんから
電話があると、とっても嫌な声で対応してしまう私でした。

なので、いつも収容される猟犬達を見るとあの家のことを思い出し、
そして、特に生計立ててるわけでもないのに猟をやる人間は
非人道、犬は道具かと思えてならないのです。
犬を大事にしている人も中にはいるんでしょうが、、汗。
(偏見もかなり入ってます、スミマセンたらーっ(汗))

そんな千葉の猟犬を中心に救ってくださっている団体さんが
いることを私は最近知りまして、ご紹介させていただきたいと
思います。

http://tibaaigo.blog27.fc2.com/

なんでずっと人の為にお役に立ってたのに、最後が放棄なの?!
持ち込みなの?!センターなの?!と思います。

ペットタイプの犬を捨てる人にも思うことは同じですが、
特に商売や道具として使っている人間にはもっともっと自覚と
反省をしてもらいたいと願って止みません。

みんなに第二の暖かい家が見つかることを願って、今日のブログは
終わりにしたいと思います。

ニックネーム ishimin at 16:31| 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする