2009年09月16日

時々わからなくなること。

今日は写真抜き、そして私の独り言を書かせてください。

先日、ぷうママさんと初めてお会いしました。
ぷうママさんとはメールのやりとりはあったものの、何回も
「会いましょうね」と話をしながらなかなか実現出来ず、先日やっと
お会いすることが出来ました。

ぷうママさんと私はCATNAPという団体の預かりも同時期にやっていて、
さらに今回、本当に偶然ですが、同じくドッグレスキューでも、
同期の子を預かることになりました。
厳密にいうと私のほうが少し早く、ドッグレスキューさんの預かりを
していたのですが、ぷうママさんも同時期に預かりに手を上げようか
とっても迷ってらっしゃったそうで、そんな偶然から色々な話をする
ようになりました。

ぷうママさんは三人の子育てをしながら、2シュナと暮らしており、
そして今回リンカちゃんというシュナMIXを預かってました。
先日お会いした時は、リンカちゃんがちょうどトライアルに出た
矢先の出来事でした。
今回、ぷうママさんからブログにアップする前にリンカちゃんが、
ぷうママさんの元に里親さんから戻ってきたというご連絡を頂き、
私はぷうママさんのお気持ちを考えるとかける言葉も見つからず、
そしてお会いした時にいっぱいいっぱいリンカちゃんのよいところや
リンカちゃんの幸せを願うお話を聞いたばかりだったので、まったく
世話もしてないくせに、少し涙が出てしまいました。

ぷうママさんは、そういう出来事をご自分の中で消化して、そして
明るくリンカちゃんの里親募集を再開されました。
あくまでも私の想像ですが、愛情込めて預かっている子なのですから
きちんと説明したはずなのに、家族として迎え入れてくださいって
長所も短所も正直に話したのに・・等たくさん色々と考えて、
文句言いたいこと、反論したいこと、きっとあったと思います。
でもそれを自分の感情のままに吐露してしまうことが、リンカちゃんの
未来を閉ざしてしまうのではとか、個人攻撃になってしまうのでは、
など沢山悩んだと思います。

そして悩まれてトライアル失敗理由の記事もお書きになったこと
だと思います。
家に帰ってきたリンカちゃんが、言葉を話せて、自分の思ったこと、
感じたこと、聞かせてくれたら、もっと気は楽だったと思います。
でも噛もうとしてなくても、「噛んだ」と思われてしまっても、
犬は「違うよ、攻撃したんじゃないよ!ごめんなさい、遊びたかったの」
とは言えないのです。

トライアルという言葉ですが、、、、決して気軽な気持ちで
「暮らしに馴染むように、人間の思う通りに暮らせる子ならもらう、
だめなら返す。」というような期間ではないと思うのです。
犬は商品ではないです、心ある命です、クーリングオフなんて
考えないでくださいって心の底から預かりの私は思います。
自分でじゃー飼えばいいじゃないって言われるかもしれませんが、
本当に愛情込めて預かってますから別れは辛いですヨ。
私は消化する為に、違うこと考えたり、翌日に用事(飲み)を
入れたりして、自分の感情を誤魔化してサラッと預かりっこと
里親さんの前では別れます。
涙はもう出ないようになりましたが、下向いたら少し泣いてしまい
そうになることもしばしばあります。
それも幸せになるからこそ、その子と別れられるわけで、、本当に
胸中は複雑なもんです。(だからと言って返してーとは思わない)

預かりの方々は多かれ少なかれ、自分のプライベートや、
他の時間を削って、少しでも、預かりっこが幸せに家庭で暮らせるよう
お世話し、ケアし、愛情もって躾をしています。
一生懸命やってても、「感謝されたくてやってるのでは」とか、
「偽善者」とか色々傷つく言葉を言われることがあります。
私はこのブログのメールフォームからそういう匿名のフリーメールが
きたことがあります。
「恩義背がましい」って・・・汗。
おいおい、お前誰だよ・・みたいな。
私、別にボランティアやってる人が立派なんてぜんぜん思いません。
結構イヤな人もいますし、中傷大好きな人もいると思いますから。
だから真似して欲しいとも認めて欲しいとも思ってません。
家族に迷惑かけてるし、自己満足ですから、ほんとに。
でも文句言うだけならほっといてくれとも私は思います。
そして助けたいと思って一生懸命やってることや、相談した内容を
悪く取られて、人づてに自分の悪口言われてたり、結構色々あります。

ドッグレスキューの代表さんが、先日、ブログのコメントを開いたことがありました。
そしたら匿名で複数の攻撃的な内容が書き込まれていました。
私は代表さんと個人的に連絡を取ったりなんてことはめったにありませんが
遠方まで、ももちんやダン君、黒ラブ君のお届けに一緒に行ってます。
ドライブの際に色々話をさせて頂きましたが、他人や他団体の悪口
なんて自分から言う人ではないですし、疑問に思ったことや、
私がふった話にも的確に自分の意見を聞かせてくださる本当に
普通の素敵な奥様って感じの人です。
私、別に信者じゃないですけど、文句や批判を匿名のコメントや
人づてに伝えるほど卑怯なものはないと思います。


文句や批判があるなら、はっきり直接言え!!

とこれにつきます。
以前に自分にもそんな出来事があったので、そのコメント群を見た時、
本当に自分のことのように傷ついたり、腹立ったりしてた私でした。
そんなことで心が折れちゃう代表さんではないと思いますが、なんか
本当に殺伐として病んだ人が多いんだなーと思った出来事でした。

頑張ってる代表さん、そしてすべての預かりさん、ぷうママさんを
私は、心から応援しています。

そしてそんな私に力を与えてくれてるのは、我が家から旅立った子を
幸せにしてくれている里親さん達です。
そして預かり仲間さん達、ワンコ友達、自分のブログにコメントを
くれる方、メールくれる方、そっと応援してくれる方達です。
皆様には本当にいつも感謝しています。
こんなぐうたらな性格のブログも毎日書けない私に優しくして
いただいて嬉しいかぎりです。

つらつら長くなってしまいましたが、そんな気持ちの近日です。
いやー熱くなってしまってすいません、預かりっこいないうちに
書きたくて・・・笑。

いよいよ預かり復帰か!?

いや・・まだまだだな・・かな?

まだですよ。
ミューちん怖いからさ、苦笑

ニックネーム ishimin at 22:36| Comment(20) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私は強いから大丈夫ですよ〜
ありがとうございまするんるん

預かりっ子 いつでもスタンバイOKですよ犬(笑)
Posted by Bani Bani at 2009年09月17日 02:08
本当に色んなことを勝手に言う人(しかも自分は絶対安全圏にいながらにしてどんっ(衝撃))がいますよね!!

ボランティアにしてもなんにしても、人それぞれ意見が違うのも、どうしたってわかりあえない考えの人がいるのも当たり前。賛否両論なのかもしれません。

でも、でも、私は。。。
ishiminさんの元から旅立っていったワンコ達の幸せそうな笑顔を写真で知ってるから・・・「否」だなんてとても思えないです!!

私は何もしてないけど・・・でも心から応援させていただいております。
Posted by かか@たくみん at 2009年09月17日 08:45
おはよーです^^

私は ishiminさんを誇りに思ってます。

全ての人を味方にできなくても、こうやって自分を理解してくれている仲間がいると思うと、強くなれますね。

リンが戻ってきて凹んだけど涙はでませんでした・・が、今読んで泣けてきた!


もぉ。。。

代表〜!ishiminさんには責任とって重量級の黒ラブちゃんをお願いします(笑)



Posted by ぷうママ at 2009年09月17日 08:48
ishiminさんや代表さんがいなければ
ダンくんはうちに来ていないわけですから
私はとっても感謝しています!!

代表さんはホントに強いですよね!
白魚の様な手でラブくんのウンをサクサク片付ける姿には
惚れぼれしてしまいました!

Posted by momo at 2009年09月17日 10:46
こんにちは。
久しぶりにネットをしていたら、
偶然この記事のタイトルにひかれてお邪魔しました。

分かります 分かります。
善意を偽善としか取ることのできない人たちがいること。
なんか、そういう人たちがいるって、、、
悲しい事ですよね。

何を見て、何を基準に善意を偽善と判断するのか分かりませんが、
感謝されたいからとか、恩義背がましいとか、
そういう考え方しか出来ない人たちは可哀想だと思います。

心ある人間であれば、死に直面している生き物がいると知った時点で、
助けたいと考えるのが健全だと思います。

助けを必要としている生き物がいることを知っていながら、
感謝されたいからとか、恩義背がましいとか、
そっちに心が向いてしまう時点で、
その人の心は貧しいのではないかと思います。

ishiminさん 大丈夫です。
ishiminさんの活動は、誰にでもは真似できない、
とてもすばらしいものだと思います。
Posted by ハピィぱぱ at 2009年09月17日 11:32
ishiminさん、こんにちは晴れ

ぷうままさんのお気持ち、お察しします。。。
保護犬を家族に迎えようと思った時に、家に馴染んでくれるか不安になるのは当然ですが、でも保護犬の方がもっと不安なんですよネ。
保護される前は辛い生活をしていた子も多いし、更に捨てられた事で心に傷を負う子もいます。そしてお預かりのご家庭から新しいご家庭に・・。
それを考えたら、吠えない、躾の入った大人しい子、そんな事を望むのは酷ですよネ。
その事を全ての人に理解してもらうのは困難だと思いますが、ishiminさんやぷうままさんの活動が、沢山の人に広めて下さっているのは間違いないと思います。

長々とすみません(^_^;)
これからもishiminさんの活動を応援してますからネ〜!
え〜ッ!!次は黒ラブちゃんexclamation&question(笑)
Posted by メルミンママ at 2009年09月17日 16:10
コメントさせて頂くのは、お久し振りです。
ishiminさん、こんにちは(^^)
いつも思うのですが、いろんな場所でレスキューや保護活動が行われるたびに、実際のその活動の場だったり、その関係のHPやブログのコメント欄内で、必ず争い事が起こりますよね。
もう、初めの『動物達を助けたい』と言う気持ちとは関係なく、誰かを悪者にして、その言葉使いや、誤字脱字まで持ち出して、情けない言い争いが始まりますね。
ずっと昔から、『保護活動をするなら、敵は、他の保護団体だと思いなさい』と言われているそうですが、本当にそのとおりだと思います。
同じ志を持っていたはずなのに、足の引っ張りあいが始まりますよね。
。。。人様のブログで、こんな事言って、すいませんm(__)m
こちら、非公開にはできないみたいなので、この辺でf(^^;
私は保護活動をされている皆様、大変なご苦労がたくさんおありだと思うのに、いつも頑張っていらっしゃる皆様の事を、心から尊敬し、陰ながらではありますが、これからもずっと応援しています☆ミ

Posted by のりのり at 2009年09月17日 19:00
こんにちは。いつも読み逃げしてて、初めてコメントします。
「世界一の美女の創り方」本を最近読んだんですが、その中に「どんな方向からでも、人々から注目されるのは喜ばしいこと。存在感がなくなって無視されるほうが重大問題」というような言葉があって、「それもそうだな」と思いました。

web上だと顔を見せないで意見を出せる分、誹謗中傷もエスカレートしやすいと思いますが、貴重な時間をつかってわざわざ誹謗、中傷をしてくれる人って、それだけ関心持ってくれてるってことですよね顔(イヒヒ)

「言葉は辛辣だけど、ま、興味を持ってくれてる人がここにもいるんだな」って感じですかね(笑
それよりも言葉には出さないけど、心から応援してる人はいっぱいいますよ〜Good

ということで、はじめて言葉に出してコメントしてみました。無理せずにがんばってくださいね!私も自分が今できる範囲で保護犬のお散歩ボラを続けてま〜す。
Posted by せきね at 2009年09月17日 20:20
ishiminさん、こんばんは。
ぷうママさんのリンカちゃんのお話、本当に胸がつまる思いです。
さくらと重なってしまったのかな?実はさくらは一度トライアルで失敗したらしいのです。さくらは横浜で個人で保護活動されている方のところで1年半以上を過したそうです。一緒に保護された子達は早々に幸せになっていったとのことでした。(親ばかながら、なんであんなに可愛いのに???)と思ってしまいます。(^^ゞ

話はもどり、やっと里親として名乗りをあげてくれたのが群馬の方だったそうですが、日曜にトライアルで連れて行き、その日の晩に「とにかくすぐ引き取りに来て!」と連絡が入ったそうです。(怒)理由は「夜にあまりにたくさんの水を飲む」とかなんとか、???なお話だったと思います。
保護されてる方も普通にフルタイムでお仕事をされている方で翌日の月曜日ももちろん仕事があるから一週間様子を見て、そうしたらこの子の良い所もわかるから、と、説明したそうですが、とにかくもう嫌だから返すの一点張り。もうそんな所に置いておけない!顔(ぷんっ)となり月曜日会社の帰りに横浜から群馬へ車飛ばして引き取りに行ったと聞きました。
ちっ(怒った顔)なんて勝手な人なんだろうと思いましたがそのおかげ(と、いうのも変ですが)我が家に来てくれました。
さくらは我が家の宝です。本当に本当に家族になってくれたことに感謝の毎日です。

だからリンカちゃんも運命の家族になるべき人が絶対に現れると思うのでそれまでしばらくぷうママさんにがんばっていただいて、(すみません、見ず知らずの私のくせに・・・)
保護活動というお仕事は誰もがまねのできる優しいことではないと思います。

ishiminさんをはじめ、たくさんの保護活動に携わっている方々を心から尊敬し感謝いたします。いつか私も少しでもお役にたてたらと思います。

長々とすみませんでした。
Posted by さくら母ちゃん at 2009年09月17日 21:18
人間の考え方って・・・色々でだから良いのかもだけど、否定されたらえぇ??って思いますよね顔(ぷんっ)

私も、翔を向かえた時に・・保護犬だという事実を言って良い人と、言わない方がいい人ってすごく悩みました(たまにしか遭遇そない人には今でもです)

でもね、誰に評価されなくても・・・今横で熟睡している翔を見るたびに、とっても幸せです。(それが自己満足って言われたら反撃してもらちがあきませんけど)

でも、翔が生きていて、私が幸せなら二重丸ですよ揺れるハート揺れるハート揺れるハート

これからも、懲りずに活動してくださいexclamation
Posted by ロッキー母 at 2009年09月17日 21:34
>banibaniさん
代表様みずからコメントありがとうございます。実際、色々疑問に思うことって人それぞれだと思うのですが、ああいう書き方や匿名なところは本当に卑怯で腹立たしいです。わたしのほうが熱くなってしまい申し訳ありませんでした。預かりの件、また落ち着いたらご連絡しますので今後ともよろしくおねがいしまーす!
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:18
>かか@たくみんさん
ありがたい言葉、感謝です。
ずっと前から応援していただいて、ありがとうございます。
私は本当に微力なもんで、出きる範囲で無理ないようやってるつもりなんですが、それでも結構色々言われたり、悲しい辛い思いをしたことがあります。だから代表さんなんてきっと大変だろうなっていつも思います。だからこそ、あのコメントの数々を見た時、腹立たしいし悲しいしでつい書いてしまいました。でもこうして皆さんから率直な意見や色々なお言葉をいただけて本当に嬉しいです。これからもボチボチ頑張りますので、懲りずに遊びにきてくださいねー。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:22
>ぷうママさん
いやーん、私こそ、色々話ができるぷうママさんが身近にいることが力になってますよー。お互い励ましあってボチボチやっていきましょうねー。リンカちゃんは、わたし、本当に無邪気で可愛いと思いますよ、、ちょろいちょろい、笑。きっと百戦錬磨の月さんもそういうのではと思います。ミシュワンガイドも優秀なはず!!黒ラブちん、かわいいんですけどね、我が家には「黒い大きな犬」を見ると狂犬のように吠える寒い先住犬がいるから無理ですね、笑。小屋のように狭い我が家には大型犬は夢のまた夢でやんす。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:26
>momoさん
ありがとうございます、ほんとに。
ダン君を幸せにしてくれてるmomoさん一家には感謝しておりまする。
そしてmomoさんと同じく、黒ラブ君のうんさんをささーっと片付けてる代表さんはさすがだなと私も同じこと思って、黒ラブ君のリードを持っておりました、笑。私だったらまず悲鳴あげて、そして泣き言いって、そしてシクシク泣きながら掃除しちゃうと思います。当たり前のように普通にやってる姿って絶対に感謝されたいなんて思ってませんよって中傷してる匿名さんに代わりに叫んでやりたかったですよ。代表さんと比べれば、私なんてへっぽこ、誇れることないですから、サボるし、逃げるし、、。でも、ボチボチやってきますので今後ともよろしくお願いしマース。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:30
>ハピィぱぱさん
コメントありがとうございます。
ハピィぱぱさんが頑張ってブサカワちゃんの命を救ったこと、多くのキャバブロガーの皆さんが見ていたと思います。そして、怖い里親ブログの方にもきちんと意見なさってて、私、本当にハピィぱぱさんは堂々としてらっしゃるなと思っておりました。みんな思っていてもなかなか言えない空気が漂っていましたから、私にはとても印象的な出来事でした。それぞれ感じ方はあると思うのですが、ご指摘の通り、匿名性を利用しての文句や中傷は本当に人を傷つけますよね。うーんなんでかなって思います。こんなちっぽけなことしかしていない私ですが、こうしてコメントで応援していただいてありがとうございます。私はワンコ好きある以上にキャバリアを愛していることがボラを始めたきっかけですから、これからも出きる範囲でボチボチ活動を続けていこうと思います。また遊びにきてくださると嬉しいです。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:41
>メルミンママさん
コメントありがとうございますー。
でも、本当に他人様を悪く言いたくないですけど、おいおい、なんなんだそれは・・という理由でリンカちゃんが戻ってきたことが残念でなりません。まおもメルミンも、そしてミューもそれぞれトラウマ的な部分って正直あると思うんです。でも、それを一緒に乗り越えて絆が深まった時、本当に嬉しいし・・とかそういう見方をしていただけないとなかなか難しいのかなと思います。ちなみにももちんとダン君にはあまりトラウマを感じません・・きっとショップで汚い、狭いながらも、持ち前ののほほーんがすべてを克服していたのだと思います、汗。でも、どの子もみんないい子ですよ、犬は人間なんかより「恨む」という感情はないと思うし、皆可愛いもんです。メルミンママさんもそう思いますよね!いつも力を与えていただいてありがとうございます。22日楽しみにしてますね!
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:49
>のりのりさん
コメントありがとうございます。
いつも応援いただき心強いです。そして今回いただいたコメントの意味、私もそう思う部分ありますよ、苦笑。すべて自分にあったこと、自分が思ったこと、昔書いてしまおうかなんて大人気ないこと思った時代もありましたが、自分が感じた一角がすべてではない、命を救いたいと思うことに変わりはないんだと思い書くのを辞めたことがあります。文句を言ったりするのは簡単ですがネットは一方通行になることも多いですからあまり熱くなるのはよくないなと思った経験でした。私はだから自分ひとりで行動できるほどの勇気もないちっぽけな愛犬家なので、自分を受け入れてくれて、自分ができることをお手伝いさせてくれる団体のお手伝い、もちろん個人でもそうですけどそういう手伝いをしていきたいと思っております。そういう活動もどうかなと思うのですが、今の代表さんは私はやることをきちんとやって、預かりさんの気持ちも色々わかってくれる素敵な方だと思っています。これからもどうぞよろしくお願いしマース。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 20:56
>せきねさん
はじめましてコメントありがとうございます。そしていつも読んでいただいて感謝です。せきねさんはお散歩ボランティアをなさっているのですね。私も以前働いていない時、お散歩ボランティアをやろうかと思ったことがあります。でも、結局色々あって応募できなかったのですが、汗。せきねさんの言葉、とても励みになります。わざわざフリーメールで、なんなんだと思ってた気持ちが少し晴れた気がします、ありがとうございます。そしてそしてこれからも頑張ろうと思います。団体や住む場所違えど、一匹でも多く素敵な家族とのご縁に繋がるよう、頑張っていければいいですね。今後ともよろしくお願いしますー。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 21:02
>さくら母ちゃんさん
お久しぶりです!さくらちゃん、お元気ですか?
さくらちゃんにはそういう過去があったのですね。保護犬はお水を来たばかりの頃は沢山飲むのはうちの預かりっこも預かり仲間のペコ母さんから聞いても、みんながみんなそうです。それは満足にお水を飲める暮らしをしていなかったことや、突然新しい家にきたことで興奮して喉が渇くからだと私は思っています。だから私は最初のうちはいつでもお水が飲めるように常に水入れの中を満タンにしております。だからそんな理由で「ダメ」なんて言われるのは泣けてきますね、汗。うちのミューもすごかったですよ、尿の濃度が薄すぎて尿検査ができないくらいでしたから。でも紆余曲折あってもさくら母ちゃんと出会えたさくらちゃんは強運ですね。リンカちゃんもそういう里親さんときっと出会って欲しいと思っています。コメントをいただけて嬉しかったです。また遊びにきてくださいね。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 21:08
>ロッキー母さん
コメントありがとうございますー。
私も会社の子や女友達にも限られた子にしか、預かりのこともミューのことも話していません、汗。別に恥ずかしいわけではないのですが、ただ自分の思った意味に捉えてもらえないかなと思うと、一から話すのも面倒臭くて、笑。所詮自己満足、そしてミューを迎えたことは立派なことでもなんでもなく、私はそういう迎え方を望んだだけだということだと思います。いつも応援コメントありがとうございます。ペコ母さんもきっとロッキー母さんの応援が励みになっていると思います。今後ともよろしくお願いします。
Posted by ishimin at 2009年09月18日 21:12
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1837600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック