2007年01月29日

チェリーの右眼の話

やっと心できちんと整理することが出来たのでここに書きます。
実は、実家のチェリー(6歳)が右目を失明してしまったのです。
以前よりたくさんのアレルギーがあり、それが原因で皮膚も
カサブタだらけになったり、痒くなると床の敷きマットなどに
顔をズリズリして顔を掻いたりしていたのです。
もちろん見つけたらすぐ止めさせて、タオルで拭いたり、
薬を塗ったりのケアはしていました。
しかも寝る時は半眼を開けて寝るのでチェリーは眼球が
普通のワンより乾いてます(ドライアイと診断)
そしてアレルギーでかゆくておそらく擦った拍子に
眼球の血管を傷つけてしまったと思われます。
チェリーが右側に対して反応が薄い事に疑問をもった
獣看護士の妹が医者が使うペンライトで瞳孔の縮動を
チェックしたら反応がまったくなかったのです。
自分の手でチェリーの右側に色々試してみても、
「あ、本当に反応がない・・」と、
もう右眼が見えてないことを実感しました。
うちの妹いわく
「血管の色素沈着なら薬の点滴を継続的に打つことで
見えるようになる子もいる」
とのことだったし、まだ治る見込みがある可能性はあります
・・と信じてます。
先月のいつも行ってる病院の検診では見えてたはずですし、
ここ何日かで傷がついたと思うと本当に、
何故気づいてやれなかったのか、いったいいつからなのかなど、
色々みんなで考えて悩んでしまいました。
至って本人はふつーに暮らしてますし、左が見えてますから
元気いっぱいなのですが、家族としては本当にやるせない気持ちで
治療方法を模索しました。

幸い妹が先生方にお願いして病院を探してもらい、
本当に偶然ですが、ミューが2月9日避妊手術を受ける同じ日に、
チェリーは眼科の先生の予約を取ることが出来ました。
おそらく、その先生が治せなければ、もう無理というくらいの
先生なので、どうか少しでも視力が戻りますように・・
とお祈りするしかすべはありません。

チェリーも頑張れ! ミューも頑張れ!
二匹とも良い結果になりますように!

今週はちょっと真面目モードかもしれません(・へ・)
でも皆さん、ご心配なく、まだ結果は出ていませんし、
クールに思われるかもしれませんが、もし見えなくなったと
してもチェリーには左眼、そして家族がいます。
私として心の整理が出来たのでここに書いているので、
そんなにどよーんとはしていないのでどうか変わらぬお付き合いを
お願いしま〜す♪

そして、自分がキャバリア暮らしがミューで四代目なので
日々の楽しい日記に加えて、我が家が経験してきた
遺伝疾患のこと、病気の事など、我が家のケースでしか
ありませんが、キャバリアについて皆さんのお役に立つよう
経験と詳細を書いていこうと思いました。
是非、内容はつまんないと思いますが読んでおいてくださると
嬉しいです。

ではまた明日〜手(パー)



ニックネーム ishimin at 21:38| Comment(4) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今まで、カイ君を応援してくださってありがとうございました。
日曜日、カイ君は里親様のところに行きました。
その日はオフ会をしているカフェに引き取りに来ていただきましたが、カイ君、まるで分かっていたかのように自らクレートに入り、騒ぐこともなく、新しいご家族と共に巣立っていきました。

ミューちゃん、お誕生日が1月14日なんですね。我が家の次男と同じです。
まだ3カ月も経たないのにすっかりishiminさんちの子になっているのを拝見すると、きっとカイ君もミューちゃんのようになれるって思えます。

ご実家のチェリーちゃんのお目眼、よくなるといいですね。
私、ishiminさんがおっしゃっていること、とてもよく分かります。
そりゃぁ、何の病気も怪我もなく健康でいられることは有難いことだと思いますが、ワンちゃんたちにとっては、飼い主さんの気持ちが傍にあることこそ一番の幸せなはず。私たち飼い主は、現実に落ち込んでいるよりも、いかに我が子をフォローしてあげるかを考えることが大切ですよね。
私も心の強い飼い主でいようと思います。

私のほうでもリンクさせてくださいね。
アドレス、いただいてかえりまーす♪
Posted by ルビィーママ at 2007年01月30日 12:25
いつから目が見えなくなったか分からなく、
どうして気づいてあげれなかったのか、と
考えてしまう気持ち、分かります。
でも、見えるにこしたことはありませんが、
チェリーちゃんにとって、一番の幸せは、家族と一緒にいること。
変わらない愛情に包まれて、
片目が見えなくても幸せだと思います。
勿論見えなくても良い、という意味ではありません!
良くなることを心からお祈りしています。
Posted by まろまろ at 2007年01月30日 12:39
>ルビィーママさん
カイ君の門出、本当におめでとうございます&ご苦労様&ありがとうございました。
カイ君、本当によかった。
命が繋がってそして新しい里親様の元へ
行ったカイ君は絶対幸せしか待ってないはず!!
次男さんと誕生日が同じなんてちょー偶然ですねー。
チェリーのこと、暖かい言葉ありがとうございました。
家族は前を向いていくことでできる限りのことはしたいと考えてます。
書こうか迷ったのですが、書いてよかったです。
リンクの件、ありがとうございまーす★
Posted by ishimin at 2007年01月30日 14:54
>まろまろさん
本当にいつからだったのか、、、
口がきけない子なのだからこっちが
きちんと見てあげれば・・と思ったりも
しましたが、今は治療に向けて、なんとか
やっていこうという方向になりました★
チェリーのこと、暖かいお言葉頂いて
本当に嬉しかったです。
頑張りますよ、これからも!
まだまだ6歳ですから!
Posted by ishimin at 2007年01月30日 14:57
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/700195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

レーシック情報サイトです。
Excerpt: レーシック治療に関してわかりやすく紹介しております。
Weblog: レーシック失敗しないための情報
Tracked: 2007-02-20 22:13