2008年11月14日

べ様の体重が・・・滝汗orz

こんばんわ、明日はダラダラと用事があるので深夜更新の
ishiminどえす、さすがビバ★無職Good

よってすべて昨日の出来事になるのですが、ダラーっと書かせて
くださいませ。

昨日の朝、ベティちゃまがなかなかおトイレをなさらないので、
「まーそのうちするだろー」なんて思って、歯を磨き始めたところ、
うら若き乙女なので見られたくないのか、なんだか存じませぬが、
べーさん、いきなり私がいないうちに、絨毯でモリモリとうん●を
してさらにそれを踏んで移動していらっしゃいました。

わたくし、歯を磨きながら室内へ入ったところ、鼻呼吸全開だったので
その芳しい香りに倒れてしまうかと思いながら急いで
「おはよ〜えへへ〜」って寄ってくるベティ嬢をお風呂場へ封印し、
そしてミューちんを二階で優雅に寝ていた旦那に手渡し、もう
絨毯から踏んだ床から、クッションカバーまですべて、
あ、忘れてた、そしてベティさんも合わせてすべて洗ったり、
除菌したりで朝から一汗あせあせ(飛び散る汗)かかせて頂きましたー顔(え〜ん)

betty11142.jpg
↑そんな訳でカバーのないクッションで丸くなるミューちん↑

ベティさんのトイレシートは私が歯を磨いている真後ろの床に
敷いていて、昨日もそこでなさってたので油断してたのですが、
ふふふ、なかなかやるね、ベーさん、次はグーかもしれないよ。
↑うそですよ、そんなもん怒る必要はありまへん。

お陰で普段あまり手をつけない家のグッズが洗濯や掃除で綺麗に
なるわ〜ぴかぴか(新しい)なんて、無理して前向きに捕らえて一日が
始まりました。

旦那は一通り、私の清掃活動を終えた頃に二階からシラーッと
降りてきたのですがありゃ、手伝いたくないからの確信犯では
ないかと名探偵の私は睨んでおります顔(ぷんっ)
ふふふ、なかなかやるね、旦那さん、次はグーかもしれないよ。
↑これはマジ、完全に私の怒り対象です、苦笑。

とりあえずくだらん掛け合いしてしまいました、すみません。

午後になって、飲み物を横着して変な体制で取ろうとしたら
台所でガシャーンどんっ(衝撃)とグラスを床で割ってしまいましたバッド(下向き矢印)

その音を聞いて、駆けつけようとした野次馬、いえ、
心配してくれたキャバズに焦り、そして咄嗟に思いついて
閉じ込めた先はここ。
betty11141.jpg

まずは大物を紙袋に集め、さらに掃除機、そしてそして、
濡れたキッチンペーパーで床をさらう、そして床に顔をつけて
ガラスが残ってないかを点検・・・顔(汗)

また労力を使ってしまいました。(自業自得ですが・・たらーっ(汗))

なんか本当にハチャメチャな一日でした。

でも夜はまったり、べーさんといつものようにダルダルで
ゆる遊ぶことができたので、今日はたっぷり動画でどうじょ〜。
ちょっと長いので飽きたら途中で消しちゃってくださいませ。




せっかくハイタッチと指チュパチュバを撮ろうとしたのに、
やってくれないベーさん、、顔(なに〜)

ベティ、ノリ悪し!プン!!

でも尻尾はゆるーく振ってくれてるから、ま、いいか。

????

と思ったところでタイトルとまったく内容が異なってることに
気づく痛い私・・寒。

そうなんです、きちんと分量を計り、そしていろいろ工夫している
ベティ様のお食事事情。。

なのにね、なぜか、体重が、、体重が、、、

300g増えてましたから〜残念〜

もうなんでかわかりませんが、また明日からもっと工夫して
頑張りたいと思います。

どうか、どなたかishiminにキャバのダイエット方法、教えてください。



毎日マイペースなベティに
ポチッと応援くださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム ishimin at 01:17| Comment(4) | TrackBack(1) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

ベティの心の傷・お散歩のこと

今まで楽しい〜ベティの話ばかりしていましたが、ここらへんで
ベティのお散歩のこと、書きたいと思います。

実はベティさん、お散歩があまり得意ではありません。

まずは玄関でハーネスをつけようとすると、逃げてしまいます。
お散歩自体は嫌いではないみたいですが、ハーネスをつけられる
行為が怖いようでいつも玄関の手前で足がすくんでしまうのです。
しかし、無事ハーネスをつけて外に出るとしばらくは元気に
歩くのですが、、、。

初老〜お年寄りのおばさんやおじさんを見ると立ち止まっては
お顔を見上げて、そして立ち止まり、最後は道路に縮んで、どんなに
声をかけても四つんばいになってしまいます。
そして立ち去る後ろ姿をいつまでもいつまでも見つめています。

その時の表情はとても「ブログに載せよ〜」なんて軽い気持ちで
カメラを向ける気にもなれないほどの悲しいせつない顔をします。

ishiminの妄想では?なんて思う方もいるかもしれませんが、
ベティはまだセンターから出て間もないというのもあるのでしょうが
自分の元飼い主を今でも探しているみたいです。

本当に本当にその顔を見ると自分も毎回涙がポロリとこぼれそうに
なってせつなくなるのですが、その度にベティの体に触り、優しく
声をかけると、歩き出すのですが、またそういう人を見かけると
同じことの繰り返しになります。

さらにずっと歩いてても突然不安に襲われるみたいで、交差点などで
立ち止まってしまうこともしばしばあります。

だいたい一度の散歩で4〜5回そういうことがあるので、なだめたり、
だめならしばらく抱いたりしながら歩くのですが、普段の室内の
ベティは明るく、いつも「えへへー♪」って感じでゆるーく楽しく
過ごしてますが、やはりセンターという場へ行き着き、彼女の心は
とても傷ついているのだなと痛感しています。

酷な言い方かもしれませんが、もうベティを元飼い主が迎えに
来てくれるなんてことは、万が一にもないでしょう。

だからベティはこれから一歩一歩未来を向いて歩いていかなくては
なりません。
それをベティが理解するまではまだ時間がかかるのかもしれません。

そのサポートを現在するのがishimin家の任務であり、その幸せの
バトンをつないでくださる里親さんを見つけなくてはいけないのです。

この話、そして実際の散歩風景を昨日ペコ母さんに見てもらって、
やはりペコ母さんのお宅にいる家庭犬だったと思われるCATNAPの
保護犬だった結ちゃんも一定の年齢の男性やワゴン車を見ると
いまだにその度に立ち止まったり、車に乗りたがるとお話をして
下さいました。

元飼い主の人がこういうブログを読むとは考えられませんが、
こんなにも幸せを知っているのに放棄されたワンコは傷ついて、
それでもまだ一緒に暮らした人間を信じているんだということを
知って欲しいと心から思います。
それがわかれば飼育放棄なんてなくなるのにと思えてなりません。

おおー、なんか話が暗くなっちまったぜぃ顔(なに〜)

ベーさんは今日もすくすく元気に・・・
betty11131.jpg

寝ています

べーさん、リラックスしすぎだろ・・苦笑。


**今日ですよー、見てくだしゃいね〜*************************
2008年10月23日に、日本テレビの夜の「NEWSZERO」で放映された
動物愛護センターの取材番組をご覧になった皆様も多いと思います。

犬の捕獲の現場や、犬や猫を持ち込む飼い主の実態が放映されました。
このたび、番組の反響が大きかったため、特集としてもっと長い
時間枠で再放映されることになったそうです。

日時:11月13日(木)夕方4時53分〜夜7時00分
日本テレビ
ニュース番組「リアルタイム」特集
http://www.ntv.co.jp/real/

多くの方に見ていただきたいと思います。
不在の場合は録画して見て欲しいでございます〜。

※見たら是非、自分の感じた感想を番組のHPから一言でも
 いいので送って欲しいのです。こんな弱小BLOGで吠えるより
 より多くの方に見てもらえるテレビでこういう現状を伝えて
 もらえれば、飼育放棄がいけないという現実を多くの方が
 理解する機会になると思うのです。反響があればまた、この
 題材をテレビも取り上げてくれますので、不幸なワンニャンの
 ために、皆様のご協力お願いします。
*****************************************************


がんばれ!ベティってことで
ポチッと応援くださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム ishimin at 14:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ベティにお客様+明日のTV放送のお知らせ

本日二度目の更新どえす。

今日はベティに逢いに、キャバリア愛が止まらないお仲間が
我が家に遊びにきてくださいました〜。

そのお仲間とは、卒業ワンのまおちんと里親Yさん夫婦と、
お預かり仲間のペコ母さんです。
ペコ母さん宅には、もう繰り返すまでもないですが、飼育放棄犬の
ペコちゃん、そしてCATNAPの保護犬だった結ちゃんという仲良しの
キャバズがおります。

今日はまおちんのみの帯同でしたが、初対面はこんな感じ。
betty11122.jpg
ベティさん、きちんとご挨拶してください、、たらーっ(汗)

マイペースすぎるほどマイペースなべーさんです。

一応、ミューとまおちんとベティを撮ったのですが、
betty11123.jpg

ペコ母さんが持ってきて下さったクラブハリエのバームクーヘンに大夢中で
ブレブレっす、食いしん坊ですな〜ふらふら

里親Yさんご夫婦からは、旦那にはビール、そしてべーさんに
ブランケットをご支援頂きました。
以前に頂いたカドラーともども大切に使わせて頂きます〜ハートたち(複数ハート)

ishimin家を代表してミューちんよりお礼いたします〜。
betty11124.jpg

そんなわけでコタツが出たせいでより激狭になったishimin家で
楽しく遊ぶベティ&ミューちんです。




いや〜、キャバ2匹いると掃除してもすぐに家が毛だらけっす、汗。
まー、それも慣れたのでいいけどぬ。
↑「ね」ではなく「ぬ」の気持ちなのです、苦笑。

**明日ですよー、見てくだしゃいね〜*************************
2008年10月23日に、日本テレビの夜の「NEWSZERO」で放映された
動物愛護センターの取材番組をご覧になった皆様も多いと思います。

犬の捕獲の現場や、犬や猫を持ち込む飼い主の実態が放映されました。
このたび、番組の反響が大きかったため、特集としてもっと長い
時間枠で再放映されることになったそうです。

日時:11月13日(木)夕方4時53分〜夜7時00分
日本テレビ
ニュース番組「リアルタイム」特集
http://www.ntv.co.jp/real/

多くの方に見ていただきたいと思います。
不在の場合は録画して見て欲しいでございます〜。

※感想を送ったりすると声はきちんとテレビ局側に届くようです。
 私も番組を見ました、まさにベティが滞在していたセンターです。
 こうやって取材に辛い胸中なのに応じているセンターの方々の
 お気持ちに感謝しています。
 番組を見て、スポット的に「可哀想」ではなく毎日毎日、
 皆さんの自治体のセンターで繰り返される出来事です。
 助かった子はほんのわずか一握り、可愛い子犬だろうが、
 純血種だろうが、MIXだろうが、みんなみんな助けることは
 出来ずに多くが致死処分になっています。
 亡くなった子のほとんどは一度は家庭のぬくもりを知ってる子や
 ショップで購入した子の「繁殖犬」と呼ばれるお払い箱になった
 親犬達である事を知って欲しいのです。
 
 是非とも、知ること、そして意見、感想を送ることもワンニャンを
 助ける活動であると思って、ご協力いただければ幸いです。
*****************************************************


お客様が来てウキウキベティ&ミューに
ポチッとくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム ishimin at 16:50| Comment(10) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

預かり犬ベティが似ているもの

私が夜遅く、こたつでウダウダしていると、その隣でいつも
べーさんは同じくウダウダしています。

ミューちんは完全にコタツの中に入ってしまうので姿見えずたらーっ(汗)

ベーさんは私に甘えたくてそして触って欲しくて、仰向けに
なってクネクネし始めます。
そして両手を使って、「触れー」とねだってくる姿は、私にとって
かなり萌え〜黒ハートな仕草です。
betty11121.jpg

そんで、何かに似てるな〜と思って、調べたんです。

そうです、昔なつかしダンシングベイビーどえす。
Baby.gif
きっと若い人は知らないんだろーなー、チクショーふらふら

動きと体つきがとっても似てます。

いずれは頑張って動画に収めてアップしたいと思いますHello


今日もクネクネの甘えん坊ベティに
ポチッとくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






ニックネーム ishimin at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

預かり犬ベティ・うん●まみれ未遂事件・四日目

昨日深夜に呑みに行ってしまったプー太郎、いえ仮専業主婦の
ishiminは、今日、朝起きるのが遅かったわけです。

昨夜、いつもならうん●してから寝るベティがしなかったので、
今日は朝早く起きて、外に連れて行こうと思ってたのに、罪深い
わたくしの大寝坊により、予定が大きく狂ってしまいました。

「はっexclamation×2」と気づいて、飛び起きて急いで階下へ行くと
サークルの中でモジモジするベティちゃま・・たらーっ(汗)

「ごめん、ごめん」と謝罪しつつ、サークルから出すと、
「人間かexclamation」と突っ込みたくなるようなうん●をドドーッと
床になさっていました。

ごめん、本当に我慢してたんだよね、、申し訳ない、、顔(泣)

ベティさん、あまり何に関しても気にしなーいっておおらかな
性格をしてらっしゃるので後ろ足で自分のうん●を踏んでしまうことが
あります。
なので、「うん●出たよーるんるん」って人懐っこく寄ってくる
ベティさんを急いで片手でサークルへ格納。
そして駆け寄るミューを別の部屋に追い込み、封印ダッシュ(走り出すさま)

そしてうん●の始末と床の除菌作業を終了してから皆さんに
出てきてもらいました。

そしてお風呂にベティを持参して念のため尻洗い、足洗い。

おおー、焦った、焦った、苦笑。(自業自得です、スミマセン)

現在ベティさん、センターから出たばかりなので虫下しを飲んで
もらっているのでドカドカとうん●が出ています。

ベティさん、昨日夜はシートでおしっこきちんとしてくれてました。
ワタシの「コリャ〜どんっ(衝撃)」がようやく通じてきたようです。

ちなみにワタシの「コリャ〜どんっ(衝撃)」ですが、預かりっこも
愛犬もそうですが、本人の性格を見た上で、その子にあわせて
叱り方を変えています。ちなみにミューちんはあまり叱ると
凹んだり反抗的になるのできちんと目を見て諭すように・・、
ベーちゃんは叱るときちんと後から謝りにくるタイプなので、
失敗に関しては粗相をした「床」や「絨毯」を軽く叩いて叱ってます。
そんなすごい怒号ではないですよ、普段ももちろん優しく
していますからご安心を〜Clap
も、もちろん、今朝の件では叱ってませんよ〜滝汗あせあせ(飛び散る汗)

その調子で今後ともがんばって欲しいものです。
ミューちんはですね、ベティが来たとたんにトイレシートで
「ワタシはできるもん!!」と見せつけてくれてます。
まぁ、きっかけどうであれ、切磋琢磨してくださいな、苦笑。

ベティさんのブサカワな寝顔は天使のようです。
betty11111.jpg
もうね、ほっぺがダルダルで、ゆるキャラ全開ですぅーハートたち(複数ハート)


プリティなベティの寝顔に
ポチッとくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム ishimin at 14:10| Comment(4) | TrackBack(1) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

預かり犬ベティの三日目withミューちん

来た時のおっとりから少し地を出すようなベティに対して
ミューちんはまだ様子を伺い中のようです、笑。

ベティは、穏やかなのは来た時と変わりませんが、たまに
アクティブな動きもします。
おもちゃを追う時に「ブヒブヒ」って言いながらミューと競ったり、
楽しくなると一人でスキップ踏んだりもして我が家での生活に
まだ数日なのに大分馴染んで暮らすようになりました。
来た時に、もともとマズルが長めのコッカー系キャバを愛する
ishiminとしては、ギョロギョロしたちょっと外側を向く目を見て
「おぉ、ブサキャバexclamation×2」と思ったのですが、数日経つと
もう可愛い、可愛い、どうしよう〜顔(メロメロ)ってくらいです。
甘える時はマズルが短いタイプのキャバなので、ブヒブヒした
息遣いが可愛くってたまりません、マジやばいです、笑。
(早くも仮親馬鹿になっているishiminあせあせ(飛び散る汗))

サークルに夜は寝てもらってますが、ワンとも言わずに諦めて
電気を消すとすぐにカドラーで丸くなって寝てしまいます。
そして朝までずーっと静かに寝てくれるので本当に助かってます。
キャバなので食いしん坊ですが、まったく好き嫌いがないのでご飯も
楽チンです。

今のところまったくishiminの苦になってません。

来たばかりの頃、ニオイをつけるためかかなりの回数のマーキングを
なさってたので、都度「コリャ〜どんっ(衝撃)」と注意しながら
片付けてたら、たった二日で絨毯ではしなくなりました。
今は床専門なので、少しずつシート誘導していこうと長い目で
トイレトレーニングをしていこうと思います。
わたしとしては絨毯にしないでくれるだけで本当に助かります。
だって掃除が楽だもーん、笑。

そんな訳でオムツ卒業のベティさんの動画をどうぞーGood




ベティさんの見つめる未来に素敵な出会いがありますようにぴかぴか(新しい)
betty11101.jpg


里親さん募集記事はまだ数日なので、もう少し様子見した後に
会と内容相談の上、掲載することになると思います〜。

未来へ向かって頑張るベティに
ポチッとくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム ishimin at 14:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

預かり犬ベティの二日目

ベティは今日も元気に我が家で過ごしています。

下記はベティの体を横から写した写真です。
betty11091.jpg
ベティの毛並みはストレート、そして茶色の退色も若いせいか、
まだありません。
ブレンの茶部分は赤みの濃いキャバリアの茶色をしています。

昨日はグデーとしてて、大人しさが際立ってましたが我が家で、
一日目ってのもあって、猫猫(笑)をカブっていたのでしょう、笑。

夜が遅くになってから、おもちゃに興味深深だったり、たまに、
ミューちんと一緒にボールを追っかけたりする仕草も見せていて、
面白くて笑ってしまいました。
新人に厳しいミューしゃんは「ウガーッ」と怒ってましたが、
ベティはというと・・・・

まったく気にしてませんでした、笑。

なのでノートラブルで助かってます〜顔(イヒヒ)

お散歩事情などはまた別の日に書きたいですが、足の裏も、昔は
お散歩してもらってたみたいで、きちんと硬化しています。

本当になんでベティを捨てたんだろう・・・汗たらーっ(汗)

性格は明るく、そして普段は物静かで人懐っこいキャバって
いう代表的な感じの子です。

昨夜、こたつに入る妹がチェリーどんを抱いていたら、膝に
よじ登って、頭だけ落っこちたまま寝てしまったベティさん
betty11092.jpg
来たばかりの家のせいかマーキングをするので、オムツの刑に
なっているベティさんのお尻がプリティハートたち(複数ハート)です。
この体制のままでずーっと寝ていました眠い(睡眠)

精神的なリハビリは今のところまったく必要なさそうです。

ベティにも膝にしっかり抱っこして寝かせてくれる本当のご縁が
見つかるといいね〜ぴかぴか(新しい)


今日も三頭キャバだったishimin家に
ポチッとくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ


ニックネーム ishimin at 17:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

預かりキャバ★ベティちゃんがキター!!(゚∀゚)

今日、ペリさんと待ち合わせをさせて頂き、我が家に
預かりキャバがやってきました。

我が家にとって四代目の預かりっこです。

名前はいつも通り、「M」からつけようと思ってたんですけど、
正直もうネタ切れ・・・苦笑。

そんなわけで、お顔がセクシーなアニメキャラのBetty Boopに
似ている気がしたので仮名「ベティ」ちゃんと名づけました。

betty.jpg
↑これが本物のベティ・ブープ↑

性格はとっても甘えん坊で穏やかです。
betty11081.jpg
おそらくですが、この子には昔は家庭で大事に飼われていた時期が
あったと思います。

私達にも馴染もうと一生懸命愛想を振りまく可愛いベティハートたち(複数ハート)
お目目がキョロキョロで愛嬌タップリのお顔してます。
ちなみに我が家では愛くるしいお顔が親しみやすいので、
旦那や妹から「べーやん」と呼ばれています、失礼でスミマセンあせあせ(飛び散る汗)

betty11084.jpg
今日来ている妹にベタベタするベティ氏

ベティは他犬にまったく無害なので、我が家にステイ中の
実家犬チェリーどんも、ビビリンのミューちんも全然気にならない
ですやすや寝ています。
betty11083.jpg

デカキャバで通る大きさですが、現在9.7キロある体重をなんとか
9キロまで落としてから避妊手術をする予定です〜。
一緒にダイエットがんばろうね、ベティちゃん。

推定年齢は5〜6歳と動物病院では言われたそうです。
お目目も耳もキレイです。
お耳は毛玉が凄かったので現在バリカンで牛タンになってしまって
ますが、毛が伸びる前には素敵なご縁に出会えるかな・・。

ベティの素敵なご縁を応援してくださると嬉しいです。
皆様、どうぞよろしくお願いしまするんるん


これから素敵なご縁がありますよう
ポチッとくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ






ニックネーム ishimin at 14:22| Comment(8) | TrackBack(1) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

千葉動物愛護センターにキャバリア収容情報

10月10日に酒々井町下台にて保護
色・ブレンハイム 性別・女の子
保護時に布製(青赤の柄付)首輪をしていたそうです。
※今後の保護に支障が出ると困るので許可なしの写真転載は
控えさせて頂きますので、写真/詳細は下記のセンターのURLにて
確認ください。

千葉県動物愛護センター(本所)収容情報

収容期限は10月17日

今週の金曜までとなります。
お近くでこの子の飼い主さんをご存知な方がいればぜひとも
教えてあげて下さい〜!!

えーと、掲載だけではなくて、ワタシに対して
「あんたが団体に居るんだから保護してあげてよ」っていう
ご意見もあるかと思うんですが、収容情報はあくまでも迷子と
飼い主さんが出会うためのもので里親募集掲示板ではありません。
そして以前も書きましたが、CATNAPはあくまでもオファーのない子を
検討を重ねた上で引き取るというスタンスなので積極的な引き取りは
していません。
さらに悲しいことにうちの会は現在は予算も切迫しており、今までより
保護の頭数を抑えざるおえなくなっています。
その中で自分の出来ることとの兼ね合いで考えたいと思っていますが
キャバ飼いの方がとくに読んでくださっているこのブログに、
まずは収容されてる事実をお知らせしたく、この子が飼い主さんと
再会できることを祈ってここに掲載したいと思います。

本当は、こうやって犬種で区切ってしまうこと、絶対に駄目だし、
いけないこと、自分でもわかってるんです、、。
でも、ほっとけない・・・どうかご理解頂けたら幸いです。


10/18現在【追記】
安易な放棄や過度な期待などがあると困る為、ここにはあまり
書きたくないので、もしこの子がどうなったのか気になるって方が
いたら左側のフォームから直接メール下さい。
私の知ることを答えられる範囲でお答えします、、そして、私が
預かる予定の子はこの子ではありません。

ニックネーム ishimin at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天に昇った命、そしてご報告

週明け、今日になって私はCATNAPに保護された時から
重度皮膚炎・角膜炎があり、網膜はく離によって突然失明してしまい、
数日前から体調を崩して入院していたシーズーのぱくちゃんが
12日夜に天に昇ったことを知りました。
paku.jpg

お預かりしていたみわさんのお気持ち、そしてプチ預かりをして、
通院にも駆けつけていたあんなさん、代表、そして関わったスタッフ、
応援してくださった皆さんのお気持ちを考えると本当に私には
適切なおかけする言葉も見つかりません。

あんなさんはCATNAPで千葉のセンターからの搬送をして下さったり、
センターから出たばかりの子を預かり家庭へ送り出すまでの
プチ滞在を担当して下さっている方です。
あんなさんがぱくちゃんについてのことを書いて下さってます。

こちらの記事です←クリックすると別画面で開きます。

みわさんの預かり日記←クリックすると別画面で開きます。

ぱくちゃんは高齢なのに長年暮らした飼い主が自ら処分に持ち込んだ
飼い主持込犬です。
その日の記事はあんなさんのこちらの記事に掲載されてます。

預かりさんのみわさんのブログを読むと、ぱくちゃんはとても
楽しい幸せなお預かり生活を送っていたみたいです。
そして基金では沢山の方からご支援を頂いて、家庭で暮らす
ワンちゃん同様に適切な治療を受けて、幸せにみわさんの元で
天へ昇って行ったんだと私は思います。

自分の預かり犬であり、天へ昇っていったメルのことを思い出して、
また涙ボロボロになってしまいました。
本当につらい・・どうしてそんな子を捨てるのか・・・。
メルもそう、ぱくちゃんもそう、そして私が知らない他の子も
なんの理由でセンターへ行かねばならないのか、、、。
キャバリアブログの中でも、私は闘病を一緒に頑張っている多くの
飼い主さんの姿をブログを通して拝見しては、頭の下がる思いというか
その子への愛情が沢山伝わってきて、他人である私も、記事を読んでは
「早くよくなれ!なんの心配もない日々がご家族に訪れますように」と
祈っています。
私は一時の感情でも、自分の飼い犬にでも「センターへ」なんて
言葉は嘘でも使って欲しくない。
センターへ行くことが、どんだけワンコが不安な思いをするか、
もしかしたら消えてしまった命だったかもしれない、実際には
多くの命がその陰で消えているんです。
その中で助かった、繋がった大切な命なんです。
犬との信頼関係はそんなに簡単に作れるものではないかもしれない、
しつけは大変かもしれない、家具やじゅうたんが汚れるかもしれない、
病気になったらお金がかかるかもしれない、、それでも苦労しつつも
一緒に楽しく歩んでくれるようなお気持ちのご家族とセンターを
経験したどの子もが素敵な再スタートを切って欲しいと、私は
願って止みません。
もちろん、どのご家庭にいるワンちゃんもみんな幸せに楽しく
過ごして欲しいと思っています。

ぱくちゃんのご冥福を心からお祈りしたいと思います。

そして12日の駒沢フリマですが、下記の通り、フリマスタッフより
売り上げの報告がありました。

お陰様で気候にも恵まれ無事にフリマが開催できました。

お買い物に来て下さった皆さま、募金にご協力下さった皆さま、
また、物資の提供や差し入れを下さった皆さま、
本当に、本当に有り難うございましたm(--)m

下記の通り、結果を報告申し上げます。

売上 225,240
募金 153,400
    (内¥50,000シーズーママ様、¥10,000K様)
いっぽ基金 3,000
ーーーーーーーーーーー
収入合計 381,640


場所代 6,000
駐車場 1,700
ーーーーーーーーーー
支出合計 7,700

利益 ¥373,940


沢山の方から活動に対する温かい励ましのお言葉も頂き、
スタッフ一同、いかに多くの皆さまに支えられているかを
改めて実感させて頂きました。

皆さまのお気持ちに応えることができるよう
今後も1匹でも多くの子の命を救えるように頑張ります!

本当に有り難うございました。

今週末は里親会があります。
詳細は上段記事に掲載してますが、素敵な出会いのきっかけに
なればと里親会スタッフの皆さんも頑張っています!

私は午前中のポメラニアンのアンちゃんの担当をする予定です。
アンちゃんは数回前の里親会でお会いしましたがとても落ち着いた
熟女なポメちゃんです。
どうかみんなに素敵な出会いがありますように★


沢山の方に活動を知ってもらいたいので
ポチッと頂けると嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

ニックネーム ishimin at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

里親さんとの出会い方

今、ishiminは働いていまへん。
そういう理由もあり、お預かりをお休みさせてもらってるのですが
現在、大げさではなく保護した犬猫が増え続け、そしてそれぞれに
かかる医療費が切迫しているので以前のようにセンターから会が
保護犬猫をほとんど引き取ることが出来ない状況にあります。
現に隔週でくる預かり先募集のメールも来ていませんし、打診も
ありません、汗。
本当に資金が切迫していることを内側にいる自分も痛感してる
次第なのです。
どうぞ上記の基金にご協力を頂けますようお願いばかりで恐縮
なのですがよろしくお願いいたします、汗汗。

里親さんには譲渡の際にcatnapでは医療費の一部を負担頂いてます。
それはもちろん全額ではありません。
ワタシは自分で病院にも行き、費用を見てますし、譲渡の際に、
かかった医療明細のコピーをすべて里親さんに渡してますので、
会が医療費で儲けているなんてことは決してありません。

預かりをしていると、里親希望を申し出ようとしている知人から
よく条件が厳しいとか、めんどくさいとか言われることがあります。
譲渡に関してのcatnapの条件は下記に記載してあります。
http://catnap.coco.co.jp/satooya/jyouto.html
決して一人暮らしの方や共働きの方をお断りしている条項はないです。
現に我が家は共働きですし、一人暮らしで預かりをしてる方も
いらっしゃいます。

ここからは私の見解なので誤解のないようにお読み頂きたいのですが、
こういう時間がある時に正直に書けるだけ書きたいと思っています。

まずは応募を頂いて、私の元に情報が転送されて届くわけなのですが、
(もちろん個人情報保護の観点から住所等は一部削除してあります)
家族の中でお子さんが応募している場合や、一人の方のみの独断で
応募を頂いている場合は、返信にて家族全員の意思をご確認して
頂いています。
一番悲しいのが、まったく預かり日記を読んでいないケースです。
預かり日記にはその子の性格や対犬面、対人面のことなどを
書いているつもりです。
でも、どう考えてもその性格とまったくあってないご家庭からの
ご応募は恐縮ですがお断りさせていただいてます。

いつも一緒に暮らしている預かりっこですが、来たばかりの頃と
しばらく経ってからでは性格的にも、体調的にも変化があった場合も
あります。
例えば、来たばかりの頃は留守番が平気だったのに、慣れてきたら
ストーカー化していて外出時に鳴いている、今も留守番のある我が家で
暮らすことさえもストレスになってる場合などは性格の変化も
正直に話し、留守番の多いご家庭をお断りしたことがあります。
メルの場合、最初の検査より二度目の検査で思った以上に
肝臓の状況が悪いことがわかりました。
そういう部分で「応募条件と違うじゃない」とお叱りを受けたことも
ありますが応募頂いた皆さんに正直にお話して再検討をお願いしました。
そしてお見合いをお願いするご家庭と何度もメールのやりとりを
している時には、私は
「なんでも気にせず聞いてください」と言います。
もう気になってることなんでも聞いてもらって不安なく
里親希望の方にお見合いを迎えて欲しいという思いからです。
そのほうが預かりっこの為にもなると思うからです。

もうお見合いまでこぎつけたら、幸いにも複数のご家庭との出会いが
あった場合はお断りするのは本当に断腸の思いです。
しかも自分が繋いだ、決断したご縁がもし預かりっこの為に
ならなかったら・・とか、お会いしたご家庭の事を考えたりして、
色々渦巻いてブルーな気分になります。
でもお断りされるほうはもっともっとイヤな思いをされていると
思うので使う言葉やご連絡にもかなり悩んでから代表など上の
スタッフに相談してからご連絡しています。

私は人を選ぶような模範的な人間でもないですし、ただの犬飼いです。
だからこそ、とても悩み考えてしまうのです。

実は以前軽く触れましたが私は苦い経験があります。
私は自分が里親になりたくて何回か色んな団体に里親希望を
出したことがあります。
条件がそぐわなかったのか、まったく返事がもらえなかったりも
あったのですが、シェルターを持つ某団体に応募した際には、
自分が希望する子のことを詳しく聞きたくてお見合いの際に
代表不在できちんと説明(避妊手術の有無や健康状態etc)を
してくださらなかったので後日メールして生活面や注意点などを
確認したところ、冷たく
「他にも候補者がいるのでご安心ください」という返事がきて実質、
それがお断りということなんだと知りました、汗。
うーん、これってどうなんだろう〜って思うのと同時にかなり
落ち込みました。
こちらも旦那にお願いしまくって、真剣に決断して遠方まで
お見合いに足を運んだのに対応がないがしろって、、汗。
と思うと色々団体さまざまだな〜と思った出来事でした。
なかなか里親になるというのもめんどくさいというか大変だなと
思うことを自ら体験している自分なので、あまり友人にも、
「そんなことないよー」って軽くは言えないのですが、出会い方って
千差万別ですし、色々あると思うんです。

ただ、共働きだろうが、一人暮らしだろうが、私が里親さんに
なってほしいなって思うご家庭は、やはりフリーの時間をどれほど
愛犬に費やしてくださるかということだけです。
しかも無理してまで・・ではなくごく自然に家族として受け入れて
暮らしてくだされば本当に嬉しく思う次第です。
だから犬の留守番は当たり前とか、犬が人間の生活に合わせるのが
当然というスタンスの方とは私と合わないと思います。
我が家だって、ミューを平日留守番させてます。
でも心の中で「帰ったら何して遊んであげようか!!」と考えるし、
飲み会がたまにある日は、一回帰宅して夕飯あげて、散歩して、
「ごめん、ごめん、週末たっぷり遊ぼうね!!」とお願いして
再度出かけたりしています。
自分よりおそらく短い命です、私は生活を楽しんで幸せに暮らして
欲しいと思っています。
これはあくまでもishiminの尺度であり、会の方針ではないので
自分の預かりっこのみに関する話ですので誤解しないで下さい。
それぞれ預かりさんはみんな愛情を持って預かりっこが幸せに
旅立つまでを一緒に暮らしています。
みんなそれぞれ思うところは違うと思いますが、やはり一番は
保護犬の幸せな犬生を祈っているということです。

でも犬は可愛いだけじゃ飼えないっていうのを実家から離れ、
自分がメインで世話するようになって痛感しているishiminなのです。
それでもミューは可愛いですけどね〜(親バカ)

ニックネーム ishimin at 15:13| 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

愛犬家に読んで欲しい話とまおちん近況

いつも保護犬の啓発活動に力を注いで下さっているCATNAPの
スタッフのミドリさんのブログより一部転載させて下さい。

写真は一枚もありません。
作家の森絵都さんが全国紙の毎日新聞で掲載したコラムの最終回です。
1分位で読めますので、是非とも愛犬家の方に読んでもらいたいです。
森絵都の君と一緒に生きよう

森絵都さんが感じたことを通して少しでも感じてもらえたら
そして知ってもらえたら幸いです。

私はセンターへ行ったことがあると書いたことがあります。
実家の家族ですら、私がセンターへ行ったと聞いて、
「あんた、よく行けたね、私はとてもとても行けない」と。
それは愛犬家だからこそ、行きたくないんだと思います。
昔は私はニュースなどでセンターに収容された犬のドキュメントが
写るとすぐにチャンネルを変えてしまってました。
それは何も出来ないんなら、犬が好きだから余計に可哀想だから
見たくなかったからです。
私だって行きたくなかったです、そんな光景を見て気分がよくなる
わけもなく、ただただむなしいだけでした。
でもこうやって他人の手によって自分が迎えた犬の命を閉じさせている
多くの人間が存在することを犬達を通して目の当たりにしました。
そしてそれを人に伝えることが出来るようになりました。
たまに純犬種を飼う人が他人事のように、
「どうせ捨てられるのは雑種でしょ?」なんて痛い発言をしてますが、
だいたい雑種ならいいんかい!!っていう部分も腹立たしいんですが、
沢山沢山純血種も捨てられてます。
特に翌日処分対象の飼い主持込には「飼えなくなりました」と
純血種が持ち込まれます。
キャバリアだってご他聞に漏れず、全国のセンターに収容されてます。
きっと誰にも騒がれず、ブログにも転載されず、手を差し伸べられ
なかった命もあるでしょう。
偶然ですが、センターに収容されたまおは私と出会い、そして
今はY様の元で楽しく暮らしている。
そのお手伝いが出来たこと、きっと亡き先住犬達も、メルミンも
喜んでくれているのではないかと思っています。

そんなまおちんはのびのびYさん宅ライフ満喫中〜るんるん
mao092412.jpg
本当にいい顔してるね〜、楽しそうでグーGood

私は月曜から蕁麻疹が発症・・もうやだ〜(悲しい顔)
プチプチ出来ててカッコ悪いし、痒いし、もう辛いっす。
まおが掻こうとすると「掻いちゃダメ!!」なんて止めてましたが
自分はボリボリ掻いているふととき者です、、顔(汗)

まおー、痒いのって辛いっすね、笑。


保護活動の啓発のためにランキング復活したいと思ってます。
出来ればポチッとして頂けるとありがたいですー(><)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ


ニックネーム ishimin at 22:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

珍獣まおちん元気っす!そして9/20は里親会

いつもおやつを貰う時のお座りの顔がとても素敵なお二人。
mao09191.jpg
っつーか怖いっす、顔バッド(下向き矢印)

私が里親さん決定の記事の際に書いたように、皮膚の状態を
考えて非公開だったけど掲載していた写真の一つを今だから
公開したいと思います。
mao09192.jpg
これでもセンター時と比べると赤みは引いて良い状況と言われた
皮膚です。でも下半身と耳の脱毛はとても可哀想でした顔(汗)

これが週二回薬浴するだけで一ヶ月もせずにこの通りGood
mao09193.jpg
おやつ食べてるとこなんでブサイク顔(苦笑)してしまってますが
だいたい同じ角度で撮れたので掲載しました。

保護キャバだった結ちゃんの里親さんでもあるペコ母さんは、
結ちゃんのアレルギーの皮膚のケアや、以前書いたように疥癬後の
キャバリアまいちゃんの薬浴もお預かり中なさってたので、
私にとって皮膚の師匠のようなお方。
さっそくまおを見てもらったんですが、ペコ母さんは、
「全然軽いほうよー、そのうち生えてくるわよ〜」と明るい
アドバイスを下さいましたが、経験少ない私は、あの皮膚で、
特に耳の部分はもう当分ハゲハゲのままではないかとちょっと
心の中で思ってました。
しかし、さすが師匠・・経験者ってすごいですね、感動。
すぐに発毛を実感!!(ってなんかのCMみたいですね)

まおの若さもあるんでしょうが、環境も我が家は特に
潔癖でもないふつーの家ですが、そんなとこで暮らしてれば
こんなにも短期間でよくなるもんなんだーと勉強になりました。

里親のYさん夫妻に私がまおを旅行中にお願いした時はまだ、
ハゲハゲの時だったのに、よくまおを見初めてくださったな〜と
懐の広さに私は頭の上がらない思いです顔(なに〜)

そんなこと聞くなよって言われるかもしれませんが、私が、
「お散歩ん時、じろじろ見られたりしませんでした??」と
まおのお迎えの時に聞いたら、明るく、
「全然〜、まおちんは珍獣みたいでカワイイですハートたち(複数ハート)」と
おっしゃられて・・・汗汗。
そのお言葉が決して悪口ではなく愛情からくる言葉なんだなと
感じて、私は心の中で「Yさんにまおを迎えてもらえないだろうか」と
実は思っておりました顔(笑)
でも、そんなことは決して私がどうこう言う問題ではないし、
ましてやメルミンのこともあり、もちろん言えませんでした。
だから・・・
Yさん夫妻から正式に里親さんにという話を頂いた時は、心の中で
「ばんざーい、ばんざーい」ってしちゃってました、笑。

そんなかんなでスピード譲渡がめでたく決定したのでした。

9/20はお江戸の浅草にてまおちんのお仲間のCATNAPのカワイイ
保護犬達が、温かいご縁を里親会で待っていますーハートたち(複数ハート)
是非とも皆様、足を運んでくださるとスタッフも保護犬達も
喜びまーーーす★

詳細は下記の通りです。


第13回 里親会参加犬決定!!
CATNAP1.jpg
↑クリックすると画面が開きます↑
第13回里親会の参加犬が決定しました!!

※当日までにトライアルが決まった場合や体調次第で欠席になる
可能性もあります。
その場合はこちらにお知らせ致します。

■日にち:9月20日(土) 
*完全入れ替え2部制・雨天開催
■時間 : 1部       11:30〜13:00
      2部        14:30〜16:00
    
■場所 :エリール 3階セミナールーム
    東京都台東区浅草4-5-3
    http://www.erile.co.jp/

■地図  http://www.erile.co.jp/map.htm

*各路線「浅草駅」より徒歩約10分
*お車でご来場される方は、近隣のコインPをご利用下さい
(徒歩ルート・コインP共に調べて来た方が安心かと思います♪)
※エリールさんへのお問い合わせはご遠慮ください。


保護活動の啓発のためにランキング復活したいと思ってます。
出来ればポチッとして頂けるとありがたいですー(><)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ


ニックネーム ishimin at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

キャバリア里親募集の追記

前回、掲載させて頂いた里親募集の件、コメントおよび
メールをくださった方も複数いて、本当にキャバを取り巻く
世界も大変なんだな〜と思い知ったishiminです。

そして本件を知り、預かりや支援などに乗り出して
くださった方がいらっしゃってとても嬉しく思いました。

とりあえずペット里親会のブログを拝見する限り、
幸せに向かって進み始めた感じもしますし、危機は脱したのでは
と思いますので、ずっと過去記事で「緊急」として掲示してしまって、
余計なご心配やお気使いを頂いても申し訳ないので、私としては
ここでちょっと落ち着いたみたいですよーとだけお知らせしたいと
思います。
でもまだ里親募集をしているキャバちゃんはいます。
老犬や疾患のある子がやはり残されてしまってるみたいですが
どうか無事温かいご家庭が見つかりますように★
しかし、ここではまだ詳細を知らないので続報が出せません。

そうそう、我が家の預かり犬ビーグルmixマリも、
とても素敵な里親さんの元へトライアルが決定しました。
ネットやお店で純血ワンコが手に入る時代に、フィラリアや、
苦悩を抱え、今まで生きてきた誕生日さえも不明な
ビーグルmixのマリを「是非、我が家に!!」と真剣に
ご応募してくださった方が沢山いたこと、そして今、
マリを迎え入れるのを楽しみにしてくださっている
里親様がいること、本当に私のこのキャバ里親募集で
凹んだ心がどれほど癒されたことか・・涙。
でもマリも本当にいい子ですし、ちょー可愛いです。(仮親バカ)

本当に感謝感謝です。

そして残ったキャバ達、マリ、他の不幸な思いをしている子が
一匹でも救われるように、心から祈っています。

今しばらくこちらのブログは放置状態になりますが、時間を
見つけてまたぼちぼち更新していきたいとは思ってます。

それまではマリ日記にもミューはしょっちゅう出てるので
気軽に様子を見にきて頂けると嬉しいです♪

http://catnapazukari.a-thera.jp/

ニックネーム ishimin at 02:26| 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

キャバリア里親大量募集・・汗

私は今、本当に申し訳ないですが何も出来ないのですが
ペット里親会さんのほうでキャバリア専門の埼玉のブリーダー
の廃業レスキューで奔走されているようです。
http://blog.livedoor.jp/satooya300/

状況は、ケージ飼い、三段重ね・・絶句。
あんなに愛情を欲しがるキャバ達をこのような生活を
強いてたことが私には信じられません。
キレイにしてようが何してようが、若い子は繁殖仲間に渡し、
散々働いた老いたり病気の子だけが残るこの現状。
(詳しくはペット里親会さんのブログを見てください)

私には言葉も出ませんし、ここの犬舎出身のキャバがいる
方のお話によると家庭で大切に繁殖していたブリーダーと
聞いていたので、正直、ペット里親会さんのブログで写真を見た時、
実情がとてもショックでした。
ま、こういう風に管理してるから期限を設けて手放せるんだろう
とも思う部分はあるのですが。

ただ、この廃業がなんの理由かは私は知ってますが、散々
今までお世話になったキャバ達なのですから最後まで面倒見るか、
里親さんが見つかるまでは責任を持って頂きたいものです。
当たり前じゃないですか!?
今まで散々稼がせてもらっていたわけですから・・涙。

しかも11月15日までには里親さんを見つけなければいけない
らしいです。(マジ信じられない、本当に怒りが・・。)

どうかペット里親会さんへ一時預かり、支援物資など
協力いただける方はご協力いただけるとありがたいです。

私は今、マリの事があり、そしてミューもいて、どうして
よいのか本当に途方に暮れています。
マリの生活にかかる費用も医療費以外自腹なので、我が家は
これ以上身動きが取れません、汗。
でもキャバを愛するキャバ飼いとして自分の子だけが可愛くて
幸せならそれでいいとはとても思えないのです。
その母犬、父犬、いえ繁殖犬と言われるキャバ達が狭いケージに
押し込められて、ちょっと清潔にしているからって、それを
「大切にされてる」って誤魔化しでも言いたくないのです。
自分の家で幸せそうに寝ている姿を見ると余計に涙出そうに
なります。

ただの何も書かない里親募集の転載だけではいけないと思い、
自分の意見を交えて書かせていただきました。
この記事を読んで不快に思う方もいらっしゃると思いますが
どうか、こういう現実があるということは知って頂きたく、
取り急ぎアップ致しました。
私は本当に昔いた今は亡き2頭のキャバは、ブリーダー、
(しかもどんな環境かは不明。)そして実家のチェリーは
ペットショップのコジマで購入しました。
でももう、その裏側がこんなのは本当に嫌です、悲しいです。
それを知った時から、どうしてもわいわい自分の愛犬が
可愛い可愛いだけではいてもたってもいられない
私がいるのです。

保健所や行き場のない子を引き取る事が素晴らしいと胸を
張る気はありません。
迎えたい犬種がいたり、生活スタイルや住居にあったワンコを
探すのは悪い事ではないし、そのほうが大切に出来ると思います。
ただ、こういう現実を踏まえた上で次にワンコを迎える時には
見学をしたり、母犬、父犬の環境まできちんと見学をした上で
ワンコを迎えて欲しいと思うのです。

コメント返し等が遅れててすみません。
マリはもう少しで里親さんが決定し、旅立ちになりそうです。
とても嬉しくもあり、寂しいですが、本当に預かりをして
よかったと思える期間を過ごしています。
ミューも少し大人になりました。
またいつかこちらのブログを更新したいと思っています。










ニックネーム ishimin at 01:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

千葉県動物愛護センターへ行きました。

今日、私は自分が住む千葉県の動物愛護センターへ
catnapの搬送の方々と一緒にご同行させていただきました。

千葉県は、東京都のセンターと比べても個人も団体も
ボランティア登録がまだ少ないので引き取られる幸せな
子はごくわずかです。
せっかく千葉のセンターが開いてくれた譲渡の門戸なのですから、
千葉県に住んでいる愛犬家こそが率先して何か出来ないかという
Catnapさんのお考えに賛同してご同行させていただいた次第です。

しかし収容所の現実は言葉に詰まるものでした。

ブリーダー放棄犬と思われる乳の張った子
迷子のままお迎えが来なかった子
明らかに捨てられたような子
小さいまだ生まれたばかりの子
飼い主自らが持ち込んだ子

人気の純血種の小型犬から大きいMIXの子まで沢山の子がいました。
犬は言葉を話せません、だから自分達が今までどうしてきたのか
は教えてくれません。
だからこそ捨てられるのか・・持ち込まれるのか。
それでもワンの人が好き、甘えたいという気持ちを
目の当たりにしました。

知ってるけど実際見たくないという思いがなかったかといえば
私にはありました。
私は小心者だし、やっぱり見たくなかったです。
でも実際見てみて、とても貴重な経験をしたと思います。

私が悶々と悩んで、一歩前に進んだ事は、
「行き場のないミューの里親になった」ことです。

そして今日、重いテーマだと思いますが、また少し前に
踏み出せた気がしました。
それは決して度胸試しとか、そういう意味ではないのです。

その現場へ引き取り予定の子を毎週搬送のボランティアを
して下さっている小梅さん、Yさんは、なんの役にも立たない
ワタクシをご同行させてくださり、色々お話をさせて頂き、
とても勉強になりました、本当に感謝です。

その日に引き取りの女の子ワンと黒ニャンの隣に
帰りの車内では私は座っていたのですが、安心したのか、
最初起きて興奮してたワンは途中から眠っていました。
久々に安心して四つんばいになれたのでしょう。
私はその姿を見て、ホッとしてしまいました。
近いうちに本当の笑顔をきっと見せてくれると思います。
(もう見せてたかな・・って気もします。。)

いらない命なんて一つもありません。
少しでも、一つでも救われる命が増えますようにと
心から思いました。

最後にいい子で久々のお留守番をしててくれた
ミューちんもありがとう。

9101.jpg
あのー、手噛んでますよ、汗顔(なに〜)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
ニックネーム ishimin at 01:35| Comment(8) | TrackBack(1) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

しばらくトップ記事の追記

下記の里親募集の件、保護団体さんのほうに、
譲渡希望、預かりの問い合わせが数件あり、危機は
回避されたとのこと、確認をしっかりしましたので、
こちらへの転載はこれにて終了いたします。

重病とはいえ飼育放棄になる状況・・。
自分にもありうるのかもしれませんが、そういう
ことがないように私は後見人をお願いしてあります。
そうじゃない人に犬を飼うなとは言い切れませんが、
私としては疑問が残る気がしました。
(あくまでも私の意見ですが、汗)

リンク、転載してくださった方、お手数ですが、
掲載取り下げ願います。

とりあえず、三匹の今後がつながってよかった!!

■□キャバリア里親緊急募集■□
神奈川県海老名市にて、飼い主が重病のため
3匹のキャバリア(女の子ブレン1 トライ2)が5月末にて
行き場がなくなってしまうそうです。
詳しくは募集受付しているJHPAさんのサイトにて
あわせて6月から一時預かりをしてくださる方も
同時募集中です、よろしくお願いします。

ブログおよびサイトに転載頂いた皆様、本当に
ありがとうございます。

ニックネーム ishimin at 00:00| 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

大阪のブルセラ犬処分とまた繁殖ブリーダー崩壊

本当に繰り返し、繰り返し・・涙。
またもや鹿児島にてsosが発信されています。
http://www9.ocn.ne.jp/~wan.nyan/page005.html

しばらく前にある方のブログで九州地方は豚?かな
なんかの農家が伝染病で打撃を受けた時、次々に
ペットブームに乗って繁殖屋と言われるような環境で
犬を生産し始めたと。
だから感覚的に犬を生活を支えるための「家畜」
という扱いをしているところが多いと読みました。
ふざけんじゃねー!!!と叫びたくなりました。
試しにペットショップに行って子犬の値段のとこあたりに
記載されてる生産地を見てみてください。
けっこー九州地方って多いんですよ。
もちろん全部が全部ではないですが、そういう感覚で
犬を生産しているところがあちこちにあるのは事実です。
キャバリアって結構生まれが愛知県豊橋出身っていうのが
多いらしいんですが、これって豊橋に大きな犬のセリ市場が
あるからなんだということをキャバリアを大切に
ブリーディングしている人から聞きました。
そこで安く買われて全国のショップに出回るそうです。
ちなみにミューも豊橋と生産地がなってます、汗。

私もチェリーまでは本当に何も知らずペットショップで
ワンコを購入してました。
ちなみにチェリーはコ●マ亀戸本店から来ました。
父が先住キャバが亡くなって落ち込み精神を少々病んだ
母にしばらく時間が経ったからと思い、購入したのです。
その頃はこんなに愛らしいチェリーの親も先住犬の
親もみんな幸せに暮らしてると信じて止まなかったのです。
私の感覚からすると、普通に人間が子を授かるような。
でも親犬の現実の扱いを知った時、私はもうショップから
犬を買う事は出来ないと思いました。
早く法令などでこういうところの犬が出回らない、商売させない
ようにしなくてはいけないと本当に思います。
純血種が欲しい時は親犬の暮らす環境まで見せてくれる
信頼できるブリーダーから直接購入することが大切だと思います。

そして以前記事にした大阪の繁殖ブリーダー崩壊で
ブルセラ病に感染した119匹の犬が4/28に処分されました。
行政をガンガン攻めてる人も多いですが、一番悪いのは
こんな場所で病気にかかっても粘って商売していた繁殖屋。
そしてその子犬を仕入れて売っていたペットショップです。
その繁殖屋が名前も出ず、処罰もされてないことが許せません。
そして知らん顔してるペットショップも。
(名前は出しませんが、2chあたり調べれば名前は出てます)
そこに関わってた愛護団体がなんか凄く責任の押し付け合いで
モメてるみたいですが、本当にウザイ、犬が死んだことは
そっちのけみたいな空気で大変気分の悪い空気です。
なんかいつもAAが入ると後味が悪くなるのは何故なんだろう。
不思議でなりません、本当は動物を愛してないのかな。

埼玉の子はみんな順当に預かり先が見つかり、今後はケアして
本当のお家探しに向かっているようです。
犬に罪はないよ、みんな幸せになってと祈ってます。

これは本当に自分の私見も入った独り言に近いので
コメ欄は閉じさせて下さい。
ニックネーム ishimin at 12:25| 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

速報・手術結果と繁殖レスキューの件

今日、一日ブルーな気持ちで重度の
分離不安(私が、汗)な状況でした。
かけても良いと言われた18時ジャストに
動物病院に電話をかけたところ、看護士さんから
手術が終わってもう立ち上がったり座ったり
しているとのご報告を頂きました。
一泊入院なので明日の朝一に旦那が迎えに行って
私が午後休みしてバトンタッチする予定です。
皆様、暖かな励ましのお言葉ありがとうございますー。
明日帰ってきたミューと共にブログ更新した際、
コメント返信させてくださいませ〜♪
嬉しさのあまり実家で速報書いてます。
(また母にPCばっかりと叱られる・・汗)
4241.jpg
↑ishimin@実家にて
私の寂しさを悟って寄り添ってくれるチェリー様
さすが、ボディだけじゃなくて心も大きいぜGood

********************************************
埼玉繁殖屋崩壊レスキューの続報
ドッグレスキュー埼玉での緊急活動によると、
現在、主にウェスティー、コッカー、シュナイザーの
一時預かり先を探しているそうです。
(キャバ、柴は一時預かりが見つかったみたい、ヨカッタネ)
私がブログ巡りをしている感じでは色々な保護団体や
人が保護に乗り出してくださってるそうで、
数件のブログではお預かりしようと思ったら
その犬種がいなかった等、色々あるようです。
たぶん私が見る限り、昨日ご紹介した
ペット里親会さんのブログ埼玉での緊急活動
ブログが一番情報が新しくて正確だと思います。
是非、お手伝いや預かりの申し出がありましたら
上記のブログの連絡先へご連絡下さい。
ずっと不幸でツライ生活をしていた子達。
レスキュー対象のみんなに幸せが訪れますように!
********************************************





ニックネーム ishimin at 22:50| 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県繁殖ブリーダー崩壊の件

すみません、急ぎでアップしてます。
上記の題目の通り、埼玉県某所で、また悲しい
ひどい扱い受けてた子達が死の危険にさらされてます。
現在、多くのボランティアの方々そしてNPOペット里親会の
皆様のお力で小型犬は預かり先が決定したそうです。
そして4月29日に現場を撤退しなくてはならない為、
中型犬サイズの子達の預かり先を緊急募集しています。
http://www.dogs-rescue.net/
↑上記の一時預かり募集を参照にして下さい。

現場の状況は目を覆うほどのものです。
うちのミューと同じキャバリアもいます。
見てて本当に悲しくなりました。
http://blog.livedoor.jp/satooya300/
この子達の子供がペットショップで売られています。
その親犬に対するこの繁殖屋の仕打ち。
本当に憤りを通り越し、この繁殖屋に体が震えて
しまうほどなishiminですが、これは氷山の一角です。
今回、ここが崩壊したから、この子達はこれから幸せの
チャンスが少しでも生まれましたが、崩壊しないでそのまま
経営していれば、みんなお払い箱になるか死ぬまで
このまま一生を過すことになったでしょう。
そして今もこういう暗い空間でかゆくて辛くて、
痛い思いをしている子が日本の各地の粗悪な繁殖施設に
いるのだろうと思うと辛いです。

そして、私は今の現状お預かりすることは出来ません。
自分が出来ないことを載せてどうするんだと思う部分もあり、
葛藤するのですが、何かの時に誰かの目に触れて少しでも
小さい命が救われればと思うので掲載しました。

また物資、ましてや義援金などの寄付に関しては、
各自のご判断の上よろしくお願いします。
私も悲しいかなお金に関してはAAの件もあり怖くなってます。
ただ今はまず物資で自分の家で使ってないものなどがあれば
送ろうかなとは思ってます。
まずは出来ることからと思い、告知致しました。

小さな命が繋がるよう祈って止みません。

ニックネーム ishimin at 01:28 | TrackBack(2) | 保護活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする